ロットワイラー、ユリアのブログ。横浜市都筑区『夕やけの丘動物病院』には、毎日たくさんの動物がやってきます。
【2014/07/31 02:19】 ユリアの姿は見えないけれど。




今日は、来月の夕やけ13周年パーティー&ユリアのお別れ会の打ち合わせで、逗子マリーナに行ってきました。
ユリアがいなくなって、初めての海にちょっと微妙な気持ちを抱きながらやって来ました。


今日、ここにユリアは立っていないけれど、毎回、ここでポーズをとって立っていたなぁ。
今回は、英一郎パパの淋しげな後ろ姿ですが

4月23日のユリアは、しっかりとここに立っていた。
今は、姿は見えないけれど、きっときっと、一緒にきているので、
居ると思って、海を眺めてきた。


大好きだった、ここの海。
逗子マリーナ。ハーバーstaffのおかださんにも、ユリアちゃん来ているんですね。って、解ってもらえた。お転婆ユリアを忘れないでいてもらえて、嬉しい。

来週は、49日法要。
大好きなシーボニアマリーナに
連れていくからね。


【2014/07/30 02:15】 今年もまた。



【2014/07/28 07:57】 レオンくんのお気に入り。







ドイツ発のバレリアンというハーブを使った猫のおもちゃを、先日のインターpet博で見つけてきました。ちょっとお洒落なので、レオンくんが気に入ってくれると良いなとおもいましたが、まぁ、これまた、匂いが強烈
でも、にゃんこは好きなんですね。
インテリアになるかもなんて思いましたが、レオンが遊ばない時は、袋にしまっておいてます。

レオンくんも、いつも意地悪されていたお姉ちゃんがいないことを解っているようです。
それなりに、二人の上下関係はできていたのだと思いますね。


時々、ここのポジションが気に入っているようで、ユリアをみているんですよ。
49日までは、まだ天に昇っていないから、レオンくんには見えるのかもしれないなぁ。

猫の不思議な力ですよね。
私も見える力、欲しいなぁ。

ユリアに会いたいな。
日が経つごとに、淋しく感じるものですね。

さて、夏です。
ユリアも海に行きたいでしょうから。出掛けなきゃですね


【2014/07/21 03:29】 ユリアの月命日

ユリアが永遠の眠りに眼を閉じてから、1ヶ月の月日が流れます。
早かったような、長かったような。



ユリアの遺骨は、私達が寝るときは寝室につれていきます。
だから、何だか側にいてくれる気もします。
毎朝、お供えをあげますが、きゅうりは欠かせません。(笑)

ユリアの遺影は、福島旅行の時の写真ですが、今にもユリアがでてきそうな気がするんです。


じわりじわりと淋しい気持ちも出てはきています。
なんせ、彼女中心で動いていましたからね。

早く早く、永遠の眠りから眼を覚まして戻ってきて欲しいと、毎日、ユリアと話しています。
それだけが、唯一、前に進める事だから。
待ってるね。ユリア。


鈴の響きと共に。







【2014/07/18 00:56】 横浜大桟橋


小さい頃から、横浜みなとみらいから山下公園、大桟橋のゾウの背中。お散歩するのが大好きでした。最期はちょっと行けなかったから、今日はユリアを大桟橋に連れていきました。

両親がPrincessCruiseの旅に今日の夕方横浜大桟橋から出航したので、ユリアを連れて、見送りに行ってきたのです。

手前がユリア。
船から手を振っているのが、両親と弟親子。



ダイヤモンドプリンセス、乗客定員2670人。116.000トン。マンションのような船でした!


私達も、海と船が大好きなので、
時間を作って、旅に出たいと思っています!




船を見送った後、みなとみらいの風景を眺めながら、ユリアとの想い出を振り返りました。
実は、首都高を降りて、みなとみらいに入った瞬間、泪が溢れてきました。止まりませんでした。
でも、泪を流す事、我慢しません。泣きたいときは、泣くようにしています。

ユリアが旅立ってから4週間が経とうとしています。

ユリアとの想い出の地に、少しずつ出掛けて、想い出を振り返って沢山、泪を流して、そしたら、笑顔が戻るような気がします。
いや、気がするのてはなく、笑顔が戻りました。
淋しい気持ちは、いつでもあります。
ユリアが中心の毎日でしたからね。でも、その、ユリアは、今、いない。これは、現実です。
受けとめないとならない現実です。
淋しいですけれど、哀しくはありません。
体はもう、ありませんが、ユリアの魂は、ここにあります。
だから、いつも側にいてくれると信じて、早く戻ってくるようにと、遺影のユリアに語り続けています。


そして、夕やけホテルに来ていた、かんちゃんとたろーちゃん。
L.Aから帰国するパパママを待っていましたが、飛行機のdelayedで、お迎えの時間が厳しくなってしまったので、近所なので、私の家に連れて帰ってきたところ、レオンくんが何やら。
あらっ、ふぅ~って、してないわ。珍しい!(笑)
と、思ったら、ピンポン!
おかえりなさい!
かんちゃん、たろーちゃん。良かったねぇ。今日は、沢山、甘えてくださいね。










【2014/07/15 02:41】 駐車場スペースが増えました。



病院裏にあります駐車場ですが、
No.30.31.32.33.35.37.に加えて、38が
増えました。
どうぞ、利用くださいませ。



ホテルにお泊まり中の、たけぞーくんとチェックに行ってきました!たけぞーくん、もう少しで12歳になります。
まだまだ元気で、久しぶりに、引っ張られた散歩やってきましたぁ!やはり、ですね。

そろそろ、ドックドックをしてみましょうということにもなりました。
大型犬の10歳過ぎたら、必ず、ドックドックは受けておいて欲しいですね

今年の4月に14歳になったアルくんは、若い頃から、ドックドックをしていてメンテナンスをしています。今は、沢山の病気を持ちながらも、優しいママの介護のお陰でこの年齢をkeepしています。いつも、裏の駐車場に車を停めてリハビリも兼ねて、てくてく
と、病院まで歩いてきてくれるアルを見ると、まだまだ頑張れる!
頑張ってるぞ!と、嬉しくなります


小さい頃は、モデル犬もやっていたアルくん。この歳になっても、貫禄ありますね!
アル!目指せ15歳!
私達も、一緒に、フォローしていくからね!

ドックドックで、病気を知ってしまう怖さはありますが、それによって、3年も命が繋がった、ミッシェルちゃんが、今日は、
カットにやってきました。いつもはビションカットにしているのですが、体調も考え、短めのカットを選びましたが、なかなか似合って可愛いお顔がはっきり見えましたね!

ミッシェルちゃんも、優しいママの手厚い介護のお陰で、病魔と闘っているなんて、全く見えませんよね。ミッシェル、もっともっとママの近くにいてあげてね




【2014/07/14 21:24】 モアナちゃんのレッスン。








モアナちゃんのママはハワイが大好きでモアナと名付けたようです。今回もママのハワイバカンス中は、夕やけにお泊まり。
オヤツのササミジャーキーを、
待て!OK!の合図で、きちんとしつけができています!
お利口さんで、ママとパパの帰りを待っていました

【2014/07/12 00:30】 真夏日


心配していた台風はどうしたの?と、不思議に思った朝。綺麗な青空が広がっていました。

日中は、34℃まで上がっていたのにはびっくり!
こんな日は、やっぱり、冷やし中華でしょ!と、ちかちゃんと一緒に、川和町のいちに。いちにくると、味噌らーめんが食べたくなるのですが、やはり、初冷やし中華を注文!美味しい
満足!




そしてこんな日は、夕やけアクアリウムのハタゴイソギンチャクとクマノミの共生を眺めると癒される。




それにしても、クマノミが大きくなってびっくり!
とても仲良し夫婦です。

ユリアがお別れをしてから、今日で3週間が経ちます。
あっという間?まだ、3週間?
う~ん。どっちもだ!(笑)
毎日、写真やビデオをみていますから、なんだか、いなくなってしまった感覚がないのですよ。

病院で沢山の患者さんに、暖かい言葉を頂いています。
私の心も心配してくれています。
本当にありがとうございます。
私は、大丈夫です。
ユリアに最期に伝えてあげた言葉です。ユリアも大丈夫だから。ママも大丈夫になっていないとならないと思ってます!
だから、皆さんと笑顔でお会いできてているのは、本当に、そのままの私ですから!
お気遣いしてもらってしまい、本当にすみません。感謝しています。
皆さんの励ましが、また、前進できるからです!

ユリアも穏やかな気持ちでいれると思います。



【2014/07/11 00:42】 ユリアの想い出2by英一郎パパ


 
開院当初、ユリアは他の犬達と友好的で、病院内を自由にさせており
したが
猫や小型犬をお連れの方には、怖がらせる事になってしまうのと、
仕事中ヤンチャ真っ盛りのユリアを、常に注意を払っておく事が難し
なり、
裏扉前に繋いでおく事が増えました。
待合室では、パパママが自分以外の犬や飼い主さんと、時には楽しく 
やっている声を聞いては、
気になって後脚でぴょんぴょんジャンプしては、扉のガラス窓から待
室の様子を

伺っておりました。
昔からの患者.さんは、ユリアのこのぴょんぴょんを覚えていてくれてるかもしれませんね。
 
この頃から やきもち焼きにさせてしまったように感じます。

 
当時、ドッグトレーナーの山崎先生がパピーパーティーを院内で開い
 
ておりまして、
病院が忙しい時は、よく先生にトレーニングを兼ねて散歩に連れて行
て頂きました。本当に山崎先生にはお世話になりましたし、可愛がってもらいました。ユリアのお供えにとても素敵な胡蝶蘭を頂戴しました。
 

もう少し厳しいしつけも必要と考え、短い間でしたがスクールに預けた 
事もありました。
 
迎えに行った時の、”今日はもう絶対に連れて帰って下さーい!”とい 

う必死な顔、思わず、卒業を待たずにに連れて帰ってきてしまいました。落第生です。でもいいのです。お馬鹿さんでも、僕達には服従できていましたから。
 

しかし、車に乗った時の半端でない喜び様、帰宅後真っ黒になっていた体をシャンプーした流す水の色が
ガンジス川のようだったのを思い出されます 笑
 
休診日には、随分遠くまで散歩に行ったものでした。
 
最初の海デビューは燦々たるもので、小心者で波を怖がるのを無理矢

抱き入れてしまった為、
泳ぐのは大好きでしたが、砂浜の波はトラウマとなって最後まで苦手
したね。
ユリアを海難救助犬へとの親の夢は、この時点で果敢なく散っていく
であります。
 

 
当時、写真撮影の依頼が何度かありました。
I,m homeという注文住宅のデザインを特集した雑誌が当時、
犬が表紙に登場しており、横浜の洋館で撮影が行なわれました。
暑い室内で、片腕をいつも曲げて寝そべる癖を、プロカメラマンの注
通り
両腕を延ばしてくれず、やっと出来た写真がこれです。
ユリアが唯一お小遣いを稼いだ時でありました。
 

THE DOGの魚眼レンズでおなじみのカレンダーにも抜擢されたのですが、
初めてのスタジオ内で、大型の撮影する度に出るフラッシュ音が駄目で、
結局世界デビューの夢もまた、小心者にて潰えた次第です。
しかし、何気に、Cardとして発売されていたのには〓〓ばっちり〓〓でしょ。このどや顔
 
苦手な音には最後までダメダメでした。

夏の花火や爆竹、盆踊りの太鼓、雷からゲートボールの打球音ま 
で、、、。
大好きな音は ごはんの開封音と玄関の扉の解錠音
ただし苦手ではないけれど、施錠音を部屋の中から聞く時が、きっと
番大嫌いだっただろうな。
 
 

 続く
 
 



【2014/07/11 00:41】 ユリアの想い出

1ユリアが夕やけに。



2素敵な胡蝶蘭


3ユリア初めての海

4雑誌の表紙を飾る(*^^*)



5どや顔




お留守番?嫌な顔。





【2014/07/08 02:28】 私達。

ユリアがいない生活にぽっかり胸の穴があいてしまった。
きっとそんな風になるだろうと、誰もが思っていることですよね。
何しろ、ユリア中心の生活でしたから。

しかし、不思議なことに、そんな気持ちになっていないんですよね。空元気じゃなくてですよ。
何故だろうなぁ。って。
哀しくないし、寂しくないんですよ。物足りないですけれどね。

まだ、時間が経っていないからなんでしょうか?

いや。ユリアはここに側に居てくれている気がするからかもしれません。
自然に思えているんですよ。

涙。出ますよ。
でもね、その涙は、ユリアが本当に頑張った事を思い出した時。
嬉しい感謝の涙です。

レオンや両親が家にいてくれるので、ユリアも独りぼっちじゃないから。安心して、仕事にも出れます。

なんと今日は、何ヵ月振りに映画を観てきました!
ちびユリアも連れてです。


いつも一緒にいます。さすがに、映画館は、ユリアも初めてですな。(笑)

それで、何の映画か?って。
トム・クルーズ迷いましたが。
まずは、ケビンコスナーの、ラストミッション。この映画、6月21
日封切りだったらしいです。
が、なんと、劇場には、私達を含めて四人でした
内容的には、まぁ、置いときましょう。(笑)
久しぶりに見るケビンコスナーがやっぱり渋くて格好いいから、それだけで私は、とても、心地よい気分。ロビンフットの時から大好きだったので、59歳になったなんて、びっくりだけど。私も一緒に歳とっているから、おかしくない現実ですな。(笑)

と、まぁ、こんな感じで、過ごしていますから。
ユリアも、そんな私達をみて、
安心していると思うんですよ。

ただいまぁ。と、玄関を開けると、ユリアはお迎えには出てきてくれませんけれど、(レオンくんは出迎えてくれます!)リビングに行くと待っていてくれますから。
だから、私達は、ユリアが早く戻ってきてくれますように、毎日願って、生活を過ごすようにしていきたいと思います。





【2014/07/08 02:26】 元気なレオンくん。









【2014/07/07 21:34】 もうひとり大事な息子。




レオンくんはユリアお姉ちゃんがいなくなったのは、解っているようで、やたら私の側で、私を守ってくれています。
レオンくんも、ユリアと同じように癒しを与えてくれています!



先日、遊びにきてくれたもぐたん。レオンとも仲良くしてくれました!

レオンくんは、自分を猫ではなく、犬と思っているようですね。




【2014/07/07 21:03】 p(^-^)q頑張れるから。

12歳のルーたん。赤ちゃんの頃から夕やけに通っています。去年から、重篤な病と闘って、今があります。
1日1日を大切に、生きているルーたん。
全力でサポートするからね。p(^-^)qだよ!
ユリアのバギーをみて、ルーたんママも、購入した、エアバギー新型だそうです。
ルーたんも、妹のふーちゃんも、気に入った様子!



ルーたんも、いつもの瞳キラッになりました!


頑張るんだよ。
頑張れるから。

【2014/07/03 14:44】 ユリアが旅立ってから…

もう少しで2週間日が過ぎようとしています。
すっかりblogアップもできずにいましたが、実は緊張が溶けたのか、風邪気味から発熱(゜ロ゜)
気合いで下がりましたが、身体はやはり正直なんですね。
皆さんが、心配していてくれたことが、身にしみて解りました。
でも心配かけましたが、
火曜日から、職場復帰いたしました。(^o^)v
長い間、病院の方も不在になっていましたので、改めて、気合いも入りました。
ユリアに教えてもらった、命の尊さを夕やけの患者さんに伝えていきたいと思っています。





ユリアのお遺骨は、沢山のお花に
囲まれ、移動したソファからいつも目に入る位置に置いてあります。

それにしても、沢山の方からのお花。本当に本当にありがとうございました。数えたら今まで60件近くの花束、アレンジメントflower、蘭の花を頂きました。毎日毎日、新しいお花がユリアの為に、送られてきます。
私の毎日の、お水やりと、間引き。ユリアと話しながら、また、頂いた方との思いをユリアに伝えながら1日でも、長く咲いていられるように世話をしています。
お花は大好きですから、ユリアが待っている空間に花達が向かえてくれる事がとても幸せです。
本当に、感謝しています。

ユリアが好きなフルーツも沢山頂きました。毎日、ユリアにお供えさせて貰っています。ユリアの大好きなきゅうりは勿論毎日お供えしています。(お供え後のきゅうりは捨ててしまうのは可愛そうだから、ぬか漬けにつけてます!)


就寝時は、寝室まで、連れていきます。動物を飼っていない人からしてみたら、気味が悪いかもしれませんねぇ。でも、私達は、ちっともそんな気持ちにはならりません。だって、ユリアの骨だもんね。いとおしく思っています 。
それから、千美ちゃんママのアイディアで、骨壺に自分の好きなスカーフを巻く。これ、素敵だなぁと思って、叔母にユリアの為にと買ってもらい、お洒落してあげています。これなら、オブジェみたいだから、素敵でしょ!

そう。
ユリアが旅立ってから、哀しいと思った事がないんです。
勿論、存在感ありありのユリアでしたから、物足りない気持ちはありますよ。
でも、なんだか、天に昇ったと思ってはいますが、なんだか、ここにいそうです。
見えはしませんが
49日まで、いるのかもしれません。そして、その後、速効で天にかけ昇り、神様に挨拶をして、ライカ兄さんを探して一緒に、かけ降りてくるような、そんなストーリーをユリアは作ってくれるような気がして、毎日、楽しみに待っているわけです。

変ですか?(笑)
まぁ、そういう角度から、みたら、あり得る事かもしれませんよ!
あー。勿論。ユリアは、ユリアの体は、もう、存在しないことは、現実で受け止めていますから、
ユリアの死も受け止めていますし。私自身、おかしくなっていないので、心配しないでくださいね。
きっと、ユリアは、また、私達と
アクティブな遊びをするためには、老体とはさよならをして、若い新しい体に入り込んでもう一度この世に命を宿すのだと思います。

輪廻転生の考えです。








プロフィール

ユリア

Author:ユリア
ユリアのお家は、夕やけの丘動物病院です。
獣医のパパと優しいママ、猫のレオン、チンチラのジョージ、優秀な動物病院のスタッフに囲まれて楽しい日々を過ごしています。

家族写真

夕やけの丘動物病院>>
★ペットホテル 
★パピークラス毎週日曜日開催中
★トリミング・グルーミング(予約制)
※詳しくはお気軽にお問い合わせください。(水曜休診)
Tel. 045-949-4970
横浜市都筑区見花山2-5モチヤレジデンス7


Facebook


最近の記事


カウンター


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード