ロットワイラー、ユリアのブログ。横浜市都筑区『夕やけの丘動物病院』には、毎日たくさんの動物がやってきます。
【2014/05/31 17:06】 土曜日のユリア


朝からひぃひぃ。甘えた。
相変わらずの食欲。完食!ガツ喰い!水曜日から下痢がまた止まらなかったのが、今朝からようやく良便になってくれた。
食欲があるだけに、下痢便になるのは、辛い。ユリアも私達も。
良かった。良かった。




食事の後に体位をゴロンコ変えた先の目線は、スイカとバームクーヘン。また、食べたいヒィヒィ。
食べた後は、満足!


やっと寝てくれました。
鼾かいて、爆睡です。
何の夢、みているのかな。

今日で5月が終る。
いつか、爆睡でなくて、永遠の眠りにつくわけでしょ。

ユリアの病気は。沢山ありすぎますが。
3月の中旬に、定期健診でみつけた、副腎腫瘍。
この腫瘍摘出が可能かどうかの判断をつけるために、CT検査を実施したのが、3月26日。ちょうど2年前に脾臓摘出手術をした日でした。この腫瘍は良性の過形成脾血腫でありましたから、同じようにと願いながらでした。


右側副腎腫大。
右肩甲骨腫瘤。
椎間板ヘルニア。
となんとまぁ、トリプルパンチ。
右肩に関しては骨融解も認められたと。
この歳まで、生きているからこその病魔でしょう。
しかし、全く、症状がでていないでの結果だったので、あの時は、辛かったなぁ。
副腎腫瘍に関しては、内科治療にて外科手術を選択せず、経過観察。
ヘルニアに関しては、歩けなくなった時の介護の覚悟。
右肩甲骨腫瘍は腫瘍科の井上先生にツルーカット生検をしてもらった。
4月3日。病理診断がでました。
骨肉腫。である。
診断医の先生のコメントは以下の通り。

骨肉腫は、犬において最も一般的な原発の骨格腫瘍です。骨肉肉腫の75%が四肢骨に発生し、しばしば長骨の骨幹に起こります。この腫瘍は、転移が、頻繁にそして急速に起こり得る悪性の腫瘍です。骨肉腫は転移率の高い腫瘍ですので、原発巣が完全に摘出されたあとも、慎重なフォローUPが必要です。近年では、病変部の外科切除と共に補助的に化学療法を加えることで生存期間の延長が認められています。

私達に、13歳のユリアには、断脚という選択肢はありませんでした。10歳以下での発症であれば勿論、迷わずに外科手術をしたでしょうが。
腫瘍医の、井上先生とも相談しながらの、現時点の治療です。

そんなこったで、今日があるわけです。
だから、5月を向かえる事は、できないかもしれないと思っていましたし、5月を越せることなんて、全く、想像もしていませんでした。

でも、痩せてきてはいるものの、これだけの食欲とガウガウの元気があるだけで、善しとしています。
毎日、期待する気持ちを、抑えながら、最期まで頑張ります。

沢山の方が、blogをみてくださり、応援の言葉を頂いているので、重篤な病魔が、こういった事ですと、伝えておかなければと思いました。
私は、獣医師ではないので、専門的な事は、なかなかUPはできませんが。
重篤であっても、前向きな気持ちを皆さんにも分けれることができれば、今、一緒に応援してくれている気持ちに少しお返しできるかなぁとおもっちょります




この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/06/03 22:42】 | #[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/06/01 09:29】 | #[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/05/31 23:44】 | #[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/05/31 23:39】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ユリア

Author:ユリア
ユリアのお家は、夕やけの丘動物病院です。
獣医のパパと優しいママ、猫のレオン、チンチラのジョージ、優秀な動物病院のスタッフに囲まれて楽しい日々を過ごしています。

家族写真

夕やけの丘動物病院>>
★ペットホテル 
★パピークラス毎週日曜日開催中
★トリミング・グルーミング(予約制)
※詳しくはお気軽にお問い合わせください。(水曜休診)
Tel. 045-949-4970
横浜市都筑区見花山2-5モチヤレジデンス7


Facebook


最近の記事


カウンター


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード