ロットワイラー、ユリアのブログ。横浜市都筑区『夕やけの丘動物病院』には、毎日たくさんの動物がやってきます。
【2014/07/11 00:42】 ユリアの想い出2by英一郎パパ


 
開院当初、ユリアは他の犬達と友好的で、病院内を自由にさせており
したが
猫や小型犬をお連れの方には、怖がらせる事になってしまうのと、
仕事中ヤンチャ真っ盛りのユリアを、常に注意を払っておく事が難し
なり、
裏扉前に繋いでおく事が増えました。
待合室では、パパママが自分以外の犬や飼い主さんと、時には楽しく 
やっている声を聞いては、
気になって後脚でぴょんぴょんジャンプしては、扉のガラス窓から待
室の様子を

伺っておりました。
昔からの患者.さんは、ユリアのこのぴょんぴょんを覚えていてくれてるかもしれませんね。
 
この頃から やきもち焼きにさせてしまったように感じます。

 
当時、ドッグトレーナーの山崎先生がパピーパーティーを院内で開い
 
ておりまして、
病院が忙しい時は、よく先生にトレーニングを兼ねて散歩に連れて行
て頂きました。本当に山崎先生にはお世話になりましたし、可愛がってもらいました。ユリアのお供えにとても素敵な胡蝶蘭を頂戴しました。
 

もう少し厳しいしつけも必要と考え、短い間でしたがスクールに預けた 
事もありました。
 
迎えに行った時の、”今日はもう絶対に連れて帰って下さーい!”とい 

う必死な顔、思わず、卒業を待たずにに連れて帰ってきてしまいました。落第生です。でもいいのです。お馬鹿さんでも、僕達には服従できていましたから。
 

しかし、車に乗った時の半端でない喜び様、帰宅後真っ黒になっていた体をシャンプーした流す水の色が
ガンジス川のようだったのを思い出されます 笑
 
休診日には、随分遠くまで散歩に行ったものでした。
 
最初の海デビューは燦々たるもので、小心者で波を怖がるのを無理矢

抱き入れてしまった為、
泳ぐのは大好きでしたが、砂浜の波はトラウマとなって最後まで苦手
したね。
ユリアを海難救助犬へとの親の夢は、この時点で果敢なく散っていく
であります。
 

 
当時、写真撮影の依頼が何度かありました。
I,m homeという注文住宅のデザインを特集した雑誌が当時、
犬が表紙に登場しており、横浜の洋館で撮影が行なわれました。
暑い室内で、片腕をいつも曲げて寝そべる癖を、プロカメラマンの注
通り
両腕を延ばしてくれず、やっと出来た写真がこれです。
ユリアが唯一お小遣いを稼いだ時でありました。
 

THE DOGの魚眼レンズでおなじみのカレンダーにも抜擢されたのですが、
初めてのスタジオ内で、大型の撮影する度に出るフラッシュ音が駄目で、
結局世界デビューの夢もまた、小心者にて潰えた次第です。
しかし、何気に、Cardとして発売されていたのには〓〓ばっちり〓〓でしょ。このどや顔
 
苦手な音には最後までダメダメでした。

夏の花火や爆竹、盆踊りの太鼓、雷からゲートボールの打球音ま 
で、、、。
大好きな音は ごはんの開封音と玄関の扉の解錠音
ただし苦手ではないけれど、施錠音を部屋の中から聞く時が、きっと
番大嫌いだっただろうな。
 
 

 続く
 
 



この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/07/11 16:18】 | #[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/07/11 09:14】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ユリア

Author:ユリア
ユリアのお家は、夕やけの丘動物病院です。
獣医のパパと優しいママ、猫のレオン、チンチラのジョージ、優秀な動物病院のスタッフに囲まれて楽しい日々を過ごしています。

家族写真

夕やけの丘動物病院>>
★ペットホテル 
★パピークラス毎週日曜日開催中
★トリミング・グルーミング(予約制)
※詳しくはお気軽にお問い合わせください。(水曜休診)
Tel. 045-949-4970
横浜市都筑区見花山2-5モチヤレジデンス7


Facebook


最近の記事


カウンター


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード